施設での防災対策

防災関係

施設内の自衛消防隊及び一般職員による防災訓練の定期実施。近隣3町会と防災協定締結しています。

平成233月に発生した東日本大震災での経験を活かし、今後の大災害に備え法人で策定した「緊急時事業継続計画(BCP)」を全職員に周知し、日頃から、職員が訓練に参加できるように調整し防災に対する意識と技術を高めていきます。

停電を想定した炊き出し訓練
停電を想定した炊き出し訓練

◆防災関係新着情報

三ノ輪福祉センター大地震想定総合防災訓練2017

 平成29年10月30日(月)15時50分から、東京消防庁上野消防署、近隣の町会の協力により総合防災訓練を開催しました。消防署から新たな指摘事項も非常に参考になりました。

 

 また、近隣の町会からも訓練に参加していただき、避難誘導と炊き出しを担当していただきました。

 

 いざ、施設で火災や地震などが起きた場合、日頃からの訓練の大切さを再度実感しました。

 

 協力していただきました、上野消防署、三ノ輪三町会の皆様ありがとうございました。

たなかデイ防災訓練

平成29年3月17日(金)午前11時から、たなかデイ、たなかスポーツプラザ、日本堤子ども家庭支援センター合同の防災訓練を行いました。実際に、たなかデイの利用者の皆様も避難訓練に参加しました。

三ノ輪福祉センター大地震想定総合防災訓練2015

平成27年10月22日(木)15時50分から大地震を想定した防災訓練を実施しました。三の酉のある年は、火事が多いといわれています。三ノ輪福祉センターは複合施設のため、火災が発生した場合、日頃からの防災訓練が本当に大切であることを実感しました。参加された方お疲れ様でした。

三ノ輪福祉センター大地震想定総合防災訓練2014

平成26年10月23日(木)15時50分から、東京消防庁上野消防署、近隣の町会の協力により総合防災訓練を開催しました。今回は、センター内の情報共有、特養のフロアで火災が発生した場合の、避難誘導、消火活動、炊き出し訓練、消火器の使用について訓練を行いました。

 

記録的大雪後の安全対策

昨日一日降っていた雪は記録的大雪となり、昨日勤務していた職員の中には帰宅困難になった職員が数名いました。

本日は朝早くから三ノ輪福祉センター前の通路を歩行者の皆様が歩きやすいように雪かきを実施いたしました。

 

 

積雪がある度に三ノ輪福祉センター屋上にある建物のひさし部分に雪が積り、その雪が溶けはじめ塊になり下に落下する可能性があるため、毎回雪が降ったあとはその雪を高所作業にて取り除くことをしていましたが、今回の大雪は吹雪のような風があったせいか、ひさし部分にはほとんど雪が積もっていませんでした。

三ノ輪福祉センター大地震想定総合防災訓練2013

平成25年10月24日(木)15時50分から、東京消防庁上野消防署、近隣の町会の協力により総合防災訓練を開催しました。消防署から新たな指摘事項も非常に参考になりました。また、近隣の町会からは総勢15名も参加していただき、炊き出しを担当していただきました。いざ、施設で火災や地震などが起きた場合、日頃からの訓練の大切さを再度実感しました。協力していただきました、上野消防署、三ノ輪三町会の皆様ありがとうございました。

ライフタワーでの避難誘導訓練

平成25年3月21日(木)ライフタワー訓練を行いました。今回は9階のシルバーピアを担当している台東区住宅課の職員と8階にある福祉作業所の職員と共に訓練を実施しました。

福祉作業所にある消防設備の確認、火災が起きた時の対応について確認をしました。

訓練の最後に8階からライフタワーを実際に降りる訓練を行いました。画像はその時の様子となります。 

三ノ輪福祉センター大地震想定総合防災訓練’12

平成24年10月18日(木)総合防災訓練を行いました。上野消防署のご協力により、初動30分の行動、通報訓練、消火器訓練を行う事ができました。今回は、三ノ輪三町会の方10名も参加していただき、実際に災害が起きた場合、町会の方の連携も確認できました。

防災訓練・消火栓の取り扱い

 

平成24年8月16日(木)15時30分から防災訓練・消火栓の取り扱いを実施しました。実際に放水するため、三ノ輪福祉センター屋上にて行いました。

初めて消火栓を使用する職員は、水の勢いが思いのほか強いことがわかったようです。

 

消火栓は訓練後、きちんと水抜きをして片付けをしないと、劣化がすすみ非常時に、使えなくなることも考えられます。

何も起きないことを常に願いますが、非常時に機能するように点検、手入れを怠らないことも防災の意識として、とても大事なことです。

第2回BCP訓練(初動30分でやるべきこと)

平成24年7月19日(木)16時30分から、第2回目のBCPに基づいた訓練を開催しました。今回は、前回の課題を踏まえ、特に、自主参集する職員が集合する4階集会室に手順方法を掲示し、特養の3フロア―の情報収集係りを明確にし、訓練を行いました。まだまだ、課題はありますが、今後も定期的に訓練を実施していきます。

第1回BCP訓練(初動30分でやるべきこと)

平成24年6月21日(木)16時30分から、法人で策定したBCPに基づいた「地震発生時の初動行動」(初動30分でやるべきこと)の訓練を行いました。午前5時02分震度6、首都直下型地震を想定したもので、実際に、チェック表に沿って行いましたが、いろいろな課題が出ました。 次回の訓練までに課題を改善していきたいと思います。